• トップ /
  • 通信制高校と普通校の違い

守らなければいけないルール

通信制高校と普通校の違い

LINEで送る

通信制高校にもある規則

通信制高校と普通校には多くの共通点があります。何の規則もないと誤解されることもあります。当然ながら校則の範囲や制限に差があります。例えば制服や通学カバンさらには髪型などに関する要求は、両者に大きな違いがあります。普通校と違い、通信制高校の学生には多くの社会人が含まれるためです。そのため自由なスタイルで通学できます。提出物の期限を守ることはかなり厳格な規則の一つです。通信制という名の通り、自宅での課題をしっかり行い提出することは基本的な学習スタイルです。他にも授業に無断で遅刻することも許されません。通信制高校にもよりますが、連絡なしの欠席も不可能です。たとえ注意されることがなくても、進級に不利な影響を与えます。普通校ほど細かな規則は多くありませんが、すべて自己責任の範囲です。誰にも何も言われないと安心していると大変なことになります。結局は遵守しないと自分に不利になります。両者には多くの共通点と異なる点がありますが、目的は同じです。通信制高校を選択したなら、学習プランに付き随うことが欠かせません。とりわけ仕事と学業との両立には注意深い計画が必要です。簡単ではありませんが、現在でも多くの人が卒業しています。

 

通信制高校の基礎情報

↑PAGE TOP